徳島がん対策センター - 徳島県のがん治療に関する情報を掲載しています。【ホスピス・緩和ケア・がん治療と仕事の両立など】

徳島がん対策センターTOPへ 徳島がん対策センターリンク集へ 医療従事者の方へ
徳島県医師会 県民の皆様へ
徳島がん募金バナー

イベント情報 イベント報告

第2回在宅推進のための多職種連携講習会 実施報告

2011年11月14日開催

〇8班のケア計画

写真1
写真2

 

構成員  
 医師 2名
 看護師 3名
 薬剤師 1名
 ケアマネージャー 1名
合計 7名

(以下は各シートの記載内容です)

<意向>

・家に帰りたい

・自宅療養を希望、最期まで自宅で・・・

・最期は家族には迷惑をかけたくない

・症状をコントロールして在宅でしたい(痛みなど)

・在宅療養を希望しているが、迷惑はかけたくない

・家族の受け入れの程度(十分な理解)

・経済的負担は軽くしたい

  

<課題>

・長男のお嫁さんを説得(介護をしてくれるように)

・嫁:ヘルパーやNsが家に入るのは抵抗あり

・在宅でどれだけ自立が可能か?

・介護者へのケア、精神的なケア

・排泄介助、家の構造

・主治医との時間が合いそうにない

・痛みの緩和に対する相談窓口は?(退院後)

・急変時対処はどうするのか

・疼痛コントロールは患者の活動希望に対応して十分できているか確認する

・医療用麻薬の使用に関して患者・家族不安があれば対応する

・長女のお店の心配(介護が負担に)

・どの程度ヘルパーさんに頼むかを決定

・自宅療養がスムーズにできるか?(車イスでの生活)

・誰が外来へつれてくるか

・退院後医療的フォローは誰?

・在宅ができなくなった場合の対策

   

<対策>

・家族負担軽減

・福祉用具レンタル

・在宅後にかかりつけ医をさがす(もつ)

・家族以外の近所との関わり方

・訪問看護

・簡単にできる手すり・スロープなどを設置する

・本人の楽しみ、楽しむ時間

・最期をどうするか、家族間でしっかり決めておく

・医療用麻薬使用に際し、排便コントロールに用いる薬剤の適正な使用方法を理解してもらう

徳島大学病院がん診療連携センター スマートフォンサイト
がん患者総合相談窓口
TEL(088)634-6442
平日:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時

© 2010-2018 Tokushima Cancer control measures center