徳島がん対策センター - 徳島県のがん治療に関する情報を掲載しています。【ホスピス・緩和ケア・がん治療と仕事の両立など】

徳島がん対策センターTOPへ 徳島がん対策センターリンク集へ 医療従事者の方へ
徳島県医師会 県民の皆様へ
徳島がん募金バナー

イベント情報 イベント報告

第2回在宅推進のための多職種連携講習会 実施報告

2011年11月14日開催

〇6班のケア計画

写真1
写真2

 

構成員  
 医師 2名
 看護師 4名
 理学療法士 1名
 他 1名
合計 8名

(以下は各シートの記載内容です)

<意向>

・できれば最後まで家でいたい

・可能な限り在宅で過ごしたい

・自宅で最期を迎えたい

・本人の家族への遠慮

・それぞれが各人に対して遠慮あり、患者「家にいたい」

・自宅で死ねば良いと思っている

・可能な限り自宅療養をしたい

・家族に迷惑はかけたくないが、できる限り家に居たい

・長男、経済的負担を軽減したい

・ADLを維持したい

・リハの継続は?

・転倒のリスク

・疼痛

・ヘルパー、Nsが家に入ることに抵抗感

・長男:父の希望に多少無理しても添いたいと思っている

・長女:毎日でも父を見舞いたいが店が忙しいと難しい

 

<課題>

・症状悪化時の対応の不安がある

・面倒をみる、ケガなどの注意 症状増悪、急変時の対応は?

・長男や嫁に心理的負担がかかる(漠然とした不安)

・介護保険の説明、しかし59歳患者の家族の相談相手は?

・長男夫婦と同居しているが、夫妻は共働きである

・長男や嫁に負担をかけすまないと思っている、特に嫁に対して気を遣っている

・疼痛がいつ出現するがわからない

・経済的負担の度合いや(どれくらい医療費がかかっているか)負担を軽減させるサービスの利用法等がわ

 からない、経済的負担をどうするか

・骨折の再発

・疼痛増強時の対応策は

・麻薬の副作用etcの対策

 

<対策>

・近医との連携を密にする

・終末期においてはリヴィングウィルを可能な限り尊重する

・ディサービスの利用

・訪問看護

・いつでも入院できることを説明する

・訪問リハ

・Drの往診

・在宅療養に至るまでの流れを説明

・利用できるサービス訪看・訪介・訪Pt

・予測される経済的負担や利用でき得る医療上の制度を提示してあげる

・介護保険について説明

・予想される経過転帰についての充分な説明

・自宅の環境設備

・在宅医療やネットワークが確立した医療であることをよく説明する

・介護ベットの用意

・レスパイト

・車イスのレンタル

・時間をわけて家に誰かいるようにする、家人の不安をのぞく

徳島大学病院がん診療連携センター スマートフォンサイト
がん患者総合相談窓口
TEL(088)634-6442
平日:月曜日~金曜日 午前8時30分~午後5時

© 2010-2017 Tokushima Cancer control measures center