HOME > 相談支援 > がん生殖相談

がん生殖相談

近年、若くしてがんを発症する患者さんが増えています。がん治療の原則は、何よりも病気を乗り切ることが最優先であり、がん治療による副作用・後遺症を許容せざるを得ない現状があります。

しかし、がん治療として行われる手術や放射線治療、抗がん剤治療により、将来子供を持つことが困難となる場合(妊よう性の廃絶)があります。若年がん患者さんは、がん治療を行うにあたり、「がん」による恐怖のみならず、「妊よう性の廃絶」に関する将来の不安も抱えることになります。このため、県内では次の医療機関で、がん治療と併せて行う生殖医療について相談することができます。

徳島大学病院

お問い合わせ先